「100円商店街」に出店し、ポップコーンを販売する児童(左)=鳴門市撫養町南浜の大道商店街

 鳴門市撫養町南浜の大道商店街で、さまざまな商品を100円均一で提供する「100円商店街」があり、お値打ち品を求める買い物客ら約5千人でにぎわった。

 市内の38店舗が参加。県産野菜の販売やなると金時のお菓子の詰め放題など、約80種類の商品やサービスが提供され、長い行列も見られた。

 小学生が起業を体験する「ジュニアエコノミーカレッジ」のコーナーでは、4~6年生60人が5~7人1組で模擬会社を設立して出店。買い物客に「いらっしゃいませ」などと呼び掛けて、手作りのアクセサリーやマグネット、お菓子などを売り込んだ。ポップコーンを販売した鳴門西小4年の稲付結音(ゆうね)さん(10)は「頑張って準備してきたので、たくさん売れてうれしい」と話していた。

 大道商店街で「100円商店街」が催されるのは6回目。