オープン:2017年
住所:松茂町中喜来牛飼野西ノ越14―1
TEL:088―678―7704
営業時間:午前11時~午後3時
定休日:水曜
駐車場:25台
席数:40席(カウンター16、テーブル12、座敷12)
スープの材料:ゲンコツ、ロース骨、豚足、鶏ガラ
麺:中細ストレート

 

〔主なメニュー〕
中華そば 小700円、大800円
チャーシュー入り 小850円、大950円
半熟味玉入り 小800円、大900円
半熟味玉チャーシュー入り 小950円、大1050円

〔トッピング〕
ニンニク 50円
生卵 50円
もやし 100円
ネギ 100円
メンマ 100円
半熟味玉 100円

〔サイドメニュー〕
チャーシュー丼 小400円、大500円
月見チャーシュー丼 小450円、大550円
めし 小100円、中150円、大200円

中華そば半熟味玉チャーシュー入り(950円)

〔メモ〕
 松茂町中喜来の国道11号沿いに店を構える「中華そば 村田商店」は、ラーメン愛好家だという店主の村田大介さんが2年かけて独自のスープを開発し、オープンさせた。

 こだわり抜いたスープは素材のうま味を引き出すため、それぞれのタイミングで材料を入れていく。豚骨はうまみが引き立ちつつ臭みが飛ぶよう、1日目に強火で炊く。2日目には香りとうま味をプラスするため鶏ガラと野菜を足して中火でさらに炊いていく。そうした手間暇をかけ、とろみがあり濃厚な味わいとなる。かえしには、こだわりのブレンドしょうゆと昆布、厚削りのかつお節を使用し、風味とうま味の絶妙なバランスを追求した。

 村田さんのお勧めは「中華そば半熟味玉チャーシュー入り」(950円)。人気のチャーシューは、やわらかく脂身はとろとろだ。「チャーシュー入り」を注文すると、通常のチャーシューと炙りチャーシューの2種類がトッピングされ、風味の違いを楽しめる。

 一押しのサイドメニューは「チャーシュー丼」(400円)。絶品チャーシューにかけるタレは、阿波尾鶏とウナギの骨をじっくりと煮込み、うま味を抽出している。ごはんものに付いてくる自家製白菜漬けにも注目だ。(辻崎愛満)