徳島大の学生6人が、県の情報発信・交流拠点施設「ターンテーブル」(東京都渋谷区)で、県産品の効果的なPR法を考えるプロジェクトに取り組んでいる。考案したアイデアをターンテーブルで実行に移し、売り上げアップへの貢献を目指す。企業や自治体が抱える課題の解決を目指す徳島大の「実践型インターンシップ」の一環。

 学生のうち…