日亜化学工業(阿南市)が30日公表した2022年6月中間連結決算は、売上高が前年同期比16%増の2245億4千万円、純利益が51%増の472億3900万円の増収増益で、売上高、純利益とも中間期としては過去最高となった。世界的な脱炭素化の流れを受けて電気自動車(EV)向け電池材料が堅調だったほか、円安による為替差益などが業績を大きく押し上げた。

 売上高は…