【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)は30日、臨時エネルギー相会合を開き、ロシアのウクライナ侵攻の影響によるエネルギー価格の高騰対策として、電力消費量の10%削減を目指すことなどで合意した。