釣りを通じて川に親しむ恒例の「ファミリーハゼ釣り大会」(実行委主催)が2日、徳島市の吉野川河口であり、約240人が楽しんだ。2023年度は釣り大会に加え、水辺の環境学習や安全講習など、内容を拡充して実施する。

 新町川樋門口の河川敷広場に集まった家族連れらが好みの釣り場を探し、さおを出した。10~15センチほどのハゼが釣れると、子どもたちは歓声を上げていた。会場ではキッチンカーの出店や河川環境の大切さを訴えるパネル展示もあった。