第48期天元戦5番勝負の第1局で初手を打つ関航太郎天元。左は伊田篤史九段=三重県伊勢市の「千の杜」

第48期天元戦5番勝負の第1局で初手を打つ関航太郎天元。左は伊田篤史九段=三重県伊勢市の「千の杜」

 囲碁の関航太郎天元(20)に伊田篤史九段(28)が挑む第48期天元戦5番勝負(徳島新聞社など新聞三社連合主催)の第1局が3日午前9時、三重県伊勢市のリゾートホテル「千の杜(もり)」で始まった。

 関は昨年、プロ入りから史上最速で七大タイトルの天元を獲得。伊田は中部地方の棋士ナンバーワンを決める王冠戦で史上最多の6連覇を達成している。

 定刻、立会人の羽根泰正九段(78)の合図で、握って黒番になった関が右上隅星(16四)に第1着を打ち下ろした。伊田は続く2手目で極めて異例の天元(10十)に打ち、波乱の幕開けとなった。その後、関は黒23(5九)の上ハネなど強気に応じ、激しい戦いが避けられない情勢になった。

 解説の大竹優七段(20)は「伊田九段の2手目は『天元戦』を意識したのでは。この天元を生かして戦いを起こしたいところ。関天元も積極的で強気と強気のぶつかり合いだ」と話した。

 持ち時間は各3時間。同日夜には勝敗が判明する見通し。大竹七段が解説するユーチューブ(https://www.youtube.com/watch?v=uIbzzzAZ2r4)の中継もある。