細田博之衆院議長

 細田博之衆院議長

 細田博之衆院議長は3日、自身と世界平和統一家庭連合(旧統一教会)側との接点に関する補充説明について「なるべく早く出す」と国会内で記者団に述べた。衆院議院運営委員会の笠浩史・野党筆頭理事(立憲民主党)は立民会合で、細田氏が11日にも補充説明を行うとの見通しを示した。

 細田氏は9月29日、教団側との関係を認める文書を公開したものの、野党は文書1枚での説明では不十分だと批判。細田氏は10日ほどかけて調査し、補充説明する意向を固めていた。