J2徳島ヴォルティスとメインスポンサーの大塚製薬が海外貢献事業としてカンボジアから招いた15、16歳のサッカー選手2人が4日、板野町のあわぎんスポーツガーデンで初練習を行った。2人は17日まで滞在し、ヴォルティスジュニアユース(VJY)との合同トレーニングを通して日本のサッカーを学ぶほか、徳島の伝統文化にも親しむ。

 2人はMFリー・ソシア選手(16)とDFハン・ティー選手(15)で、2日に来日…