愛らしい猫や犬を捉えた写真が並ぶ岩合さんの写真展=あわぎんホール

 動物写真家・岩合光昭さんが世界各国で撮影した猫と犬の作品を集めた写真展「ねこ いぬ」(徳島新聞社主催)が1日、徳島市のあわぎんホールで始まった。27日まで。

 展示されているのは、岩合さんが40年以上にわたって撮りためた猫183点、犬118点。ほほ笑ましいしぐさの猫や人の暮らしに溶け込んだ犬の写真などが来場者の目を引いていた。美馬市脇町と阿南市椿町で撮影した猫の写真もある。

 阿波市吉野町の瀬部愛さん(28)は「岩合さんのファンで、楽しみにしていました」と見入っていた。

 入場料は一般800円、小中高校生400円。13日は午前11時と午後2時の2回、岩合さんによるギャラリートークがある。