「徳島K—POPライブ」の打ち合わせをする姜団長(写真奥)ら=小松島市中田町東山の民団徳島県地方本部

「徳島K—POPライブ」の打ち合わせをする姜団長(写真奥)ら=小松島市中田町東山の民団徳島県地方本部

 韓国のアーティストを招いた公演を通して日韓友好を図るイベント「徳島K―POPライブ」が9日、徳島市の県文化の森総合公園で開かれる。在日本大韓民国民団徳島県地方本部(徳島民団)が2017年から毎年開いていたが20、21年は新型コロナウイルス感染拡大で中止しており、開催は3年ぶり。徳島民団には9月中旬、銃撃をほのめかす脅迫文が届いたものの、臆することなく友好のメッセージを徳島から発信しようとしている。

 4回目となる今回は、野外劇場「すだちくん森のシアター」で午後5時から約1時半。17年の第1回にも出た男性3人組「D$J(ディーエスジェイ)」、第2、3回に出たシンガー・ソングライター「Sanha(サナ)」、初出演の5人組「UNVS」がそれぞれ5、6曲を披露する。入場無料。

 野外劇場は約千人収容。感染拡大以前は県外からもファンが訪れていたため、今回県外から来る人は原則、事前に指定券(300人分)を申し込む。県内在住者は来場自由。

 イベントは姜盛文(カンスンムン)団長(45)=徳島市沖浜町、自営業=らが、韓国のアーティストの公演を県民に楽しんでもらって日韓友好につなげようと17年9月、文化の森の県立21世紀館で初開催。好評だったため、より多く入場できるようにと翌年から会場を野外に移した。来場者は第1回300人、第2回500人、第3回800人と増え続けている。

 秋の恒例イベントとして毎年開くつもりだったが、20、21年は感染拡大に伴い断念。今年はワクチン接種が進み、行動制限もないことから再開することにした。

 姜団長は「われわれは一貫して日韓友好のために活動してきた。(脅迫文が届いたことに)怖い気持ちがないわけではないが、負けない。イベントを、改めて未来志向の関係をつくる出発点にしたい」と話している。

 問い合わせは徳島民団、電話0885(32)2718(平日午前9時~午後3時)。