小松島市のラーメン店11店舗が連携し、各店をはしごする食べ歩きイベントを開催している。ハーフサイズのラーメンが食べられるチケットを11枚つづり3300円で販売し、それぞれの自慢の味を楽しんでもらう。小松島のラーメンを県内外に広める狙いで、同市中田町のリゾート施設「小松島リゾート」などが主催している。

 参加店舗は、中華そばカサイ、小松島中華、謝謝、松本中華そば(以上小松島町)、中華幸蘭、中々(以上金磯町)、赤石飯店(赤石町)、中華そば猪虎(横須町)、岡本中華(中田町)、中華そばしょうちゃん(和田島町)、ゆ~ちゃんらーめん(芝生町)。このうちカサイと小松島中華は、同市の建設会社「中山建設」が集合型店舗で運営している。それぞれ看板商品を用意し、各1品11種類が味わえる。

 チケットは小松島リゾートのフロントで午前10時半から午後1時半まで販売する。有効期限は購入日から2週間。購入者には各店の営業時間などが記載された案内も合わせて配る。販売期間は12月末まで。

 中山建設が企画し、同社が経営する小松島リゾートと地域おこしなどに取り組むNPO法人「ベイエリア小松島」(同市)が共同で主催する。担当者は「今後も連携を深めてより大きなイベントを催し、地域を盛り上げたい」と語った。(鈴江宗一郎)

問い合わせは 小松島リゾート0885ー38ー6556まで