ボーナスの明細書を受け取る職員=徳島市役所

 徳島県、徳島市などの公務員に10日、冬のボーナスが支給された。

 県は特別職、県議を含む1万3082人が対象で、総額は111億4194万1677円。人数は前年より124人減ったが、昨年10月の県人事委員会の勧告に基づき支給割合を引き上げたため、総額は3億3242万8029円増えた。

 一般職の支給割合は前年より0・075カ月分多い2・125カ月分で、このうち行政職の平均支給額は、2万3148円増の58万2177円。

 特別職も0・075カ月分多い1・625カ月分。支給額は▽知事306万3125円▽副知事233万2687円▽政策監193万2125円▽議長223万8437円▽副議長202万6375円▽議員190万8562円。

 一方、徳島市の対象は特別職と市議を含む2984人(14人増)で、総額は23億62万5221円(1億498万9291円増)。一般職は2・125カ月分、平均支給額は54万1438円。

 特別職と市議は1・575カ月分。支給額は市長211万3020円、第1副市長169万3440円、第2副市長159万5160円、議長134万9460円、副議長122万2830円、市議114万5340円となっている。