水難事故が起こった鮎喰川=27日午後4時半ごろ、神山町阿野

 27日午後0時半ごろ、神山町阿野の鮎喰川で水遊びをしていた韓国人の高校3年金翰(キム・ハンソ)さん(18)=韓国・京畿道=が水中に沈んでいるのを、近くにいた男性2人が引き上げた。金さんは徳島市内の病院に搬送されたが、意識不明の重体となっている。

 徳島名西署によると、金さんは家族らと一緒に水遊びをしていた。妹の浮輪が流されて取りに行った際に深みにはまり、溺れたとみられる。現場付近は浅瀬から急に深くなっており、水深が2~3メートルあっ

 

た。

 事故を目撃した女性が「子どもが溺れている」と110番。金さんは、石井消防署の救急隊が駆け付けた時には心肺停止状態だった。金さんは海水パンツとTシャツのようなものを着ていた。

 金さんは母親が日本人で、きょうだい3人、友人2人と一緒に、26日から月末までの予定で鳴門市内の母親の実家に遊びに来ていた。この日は午前10時ごろから、家族ら10人で鮎喰川の河原にテントを立てて水遊びをしていた。

 現場は行者野橋の上流約700メートルの地点。この付近では2014年8、9月に水難事故が相次ぎ、20代の男性3人が亡くなった。