長篇小説「海辺のカフカ」下巻の冒頭部分である。