サンタクロースに扮し、鷲の門を出発する市民ランナー=徳島中央公園

 サンタクロースに扮(ふん)した市民ランナーが子どもたちにプレゼントを配りながら走るクリスマスイベント「100人サンタ」が23日、徳島市中心部であり、師走の街を大勢のサンタが駆け抜けた。

 徳島大のマラソン講座受講生でつくる「徳大ジョガーズパラダイス」の有志ら150人がサンタに仮装し、徳島中央公園の鷲の門広場を出発。冷たい雨が降る中、道行く人に「メリークリスマス」などと声を掛けながらゴールの徳島市役所を目指した。

 途中のそごう徳島店前や東新町商店街、市役所前で菓子やおもちゃを配ると、子どもたちは大喜び。市役所前などでは、訪れた親子連れらとランナーが、クリスマスソングに合わせてダンスを踊り、イベントを盛り上げた。

 楽しそうに走っていた小松島市櫛渕町大郷領の看護師宮本章代さん(49)は「プレゼントをもらった子どもたちのかわいらしい笑顔を見て、温かい気持ちになった」と話していた。