鷲の門に取り付けられたしめ飾り=徳島中央公園

 徳島市の徳島中央公園にある鷲の門に28日、特大のしめ飾りが取り付けられ、迎春の準備が整った。門の両脇に設置された高さ2・5メートルの門松と共に、来年1月15日まで飾られる。

 原秀樹市長がはしごを使い、門正面中央の地上約4メートルにある冠木(かぶき)と呼ばれる横木に長さ1メートル、重さ3キロのしめ飾りを掛けた。市職員3人は葉の付いた竹で門を払い、1年間の汚れを落とした。

 近くの内町保育所の園児約90人が見学に訪れ「大きい」などと歓声を上げていた。

 しめ飾りの取り付けは、鷲の門が復元された1989年から毎年行われている恒例行事。