全国的に公衆浴場で混浴できる年齢が7歳までに引き下げられている。10歳まで混浴が可能だった徳島県でも条例の変更が行われ、2021年4月から7歳に引き下げられた。7歳は一人で浴場を利用するには安全面の懸念もあり、異性の子どもを持つシングルマザーからは困惑の声も上がっている。

 大きな転機となったのは、20年12月に厚生労働省が各都道府県に出した「公衆浴場における衛生等管理要領等の改正」の通達だ…