2024年秋に現在の健康保険証を廃止してマイナンバーカードに一本化し、カードを事実上義務化する政府の方針が示されて1カ月余り。最大2万円分のマイナポイントが得られるカード取得期限の9月末(後に12月末に延長)以降、マイナカード取得率の伸びはペースダウンするとみられたが、政府方針の影響で増え続けている。一方、政府の情報管理への不信や交付金で取得率を自治体に競わせる手法に対し、不安と戸惑いの声も上がる。

 10月末時点の総務省統計によると、徳島県内のカード交付総数は35万2942……