徳島大学病院は、脳梗塞を引き起こす血栓が発生しやすい心臓の袋状の部分「左心耳(さしんじ)」を内視鏡を使って切除する先端手術に四国で初めて成功した。術後、患者が血栓発生を抑制する薬の服用をやめても、脳梗塞の症状は確認されていない。開胸を必要としない内視鏡手術のため体への負担が少なく、脳梗塞の予防効果が高い治療法として本格的に導入する。