子宮がない女性が出産できるようにするため、第三者の子宮を移植する臨床研究の実施計画を、慶応大のチームが学内の倫理委員会に申請したことが24日、関係者への取材で分かった。承認されれば国内初の移植手術が実施される。