2020年2月に開かれた活竹祭の様子=阿南市役所

2020年2月に開かれた活竹祭の様子=阿南市役所

 阿南市の恒例イベント「活竹祭」が26、27両日、同市桑野町のJAアグリあなんで「JAアグリあなん祭」と合同で開かれる。新型コロナウイルスの影響で、開催は2年ぶり。

 過去最多となる約90団体が県内外から参加し、特産品販売やものづくり体験のコーナーを設ける。地元産の野菜や水産物、加工食品が並ぶほか、奈良県五條市の「柿の葉ずし」や阿南市と交流のある東京都港区のハンバーガー販売「バーガーマニア」など5都府県の7自治体が出店する。

 特設ステージでは、モンゴル国立音楽学院の学生らが来県して演奏を披露する。27日には吉本興業所属の芸人によるお笑いライブもある。

 各ブースなどの情報が確認できるスマートフォンアプリを初めて導入。同市の公式ラインアカウントのほか、広報誌やポスターに掲載されているQRコードからアクセスできる。

 各日午前10時~午後3時。入場無料。問い合わせは実行委、電話0884(22)3290。