[友釣り]<勝浦川>30日、平水より15センチほど増水して活性が高かった。飯谷周辺で7時から8時間半ほどサオを出した阿南市の人が16~22センチのアユ67匹。

 [イカダ]<ウチノ海>30日、ヤカタでサナギを餌にカカリ釣りをした阿波市の人が25~30センチのチヌ12匹。サヨリ狙いは26~33センチが釣れ、阿南市の人が80匹。別のヤカタでも60匹。近くでも60匹。小サバが多く、場所によっては釣りづらいようだ。

 [波止]<和田島漁港>30日、潮は澄んでチヌの姿も確認できた。岸壁で5時半から1時間半、イガイを餌に落とし込み仕掛けで3カ所を釣り歩いた人が45センチ前後のチヌ5匹。

 <赤石東ふ頭>30日、潮は澄んでいた。9時半から1時間半、イガイを餌に落とし込み仕掛けで釣り歩いた地元の人が50センチを頭に45センチ級を主体にチヌ7匹。

 <答島港>30日、ささ濁り。草や小枝などの浮流物が多く、道糸に絡み釣りづらかった。地元の人が13時から5時間半、市販の加工沖アミ、コーン、ネリ餌、サナギなどを使い分けハリス1号、チヌバリ2~3号で53センチを頭に35~51・5センチのチヌ8匹。潮の流れが安定せず浮かせたウキでは仕掛けを張ることができないため、ゆっくりウキを沈めて探った。潮が低いときはアタリが多かったが、満ちてくると次第にフグが多くなりサシ餌が持たなくなった。29日、午後からサオを出した人が沖アミ、市販の加工沖アミ、コーンを使い分け40センチ前後のチヌ2匹。

 <恵比須浜>30日、濁りはなかった。岸壁で早朝から夜明けすぎまでアジを餌に取り込みにはヤエンを使い0・5キロのアオリイカと0・9キロのコウイカを各1匹。

 [投げ釣り]<和田島大手海岸>28日、15時半から2時間半、イシゴカイを餌に投げた阿南市の人が15~23センチのキス52匹。

 [潮入り川]<日和佐川河口>28日、右岸で13時から7時間半、35~49センチのチヌ5匹と30~35センチのアイゴ3匹。自作の加工沖アミを餌にハリス1・5号グレバリ7号でウキをゆっくり沈めながらタナを探った。34センチのへダイ、20センチのキビレ、30センチのシオを各1匹、20センチ前後のシマアジ数匹。(県釣連盟報道部)