徳島県小児科医会 日浦恭一(徳島新聞朝刊 満1歳にて掲載)

 保育園に子どもを通わせている人にとって感染症の後にどのくらい休ませれば通園できるのかは大きな問題です。子どもの健康状態が回復していることはもちろんですが、感染の危険性が大きければ集団生活で他の子どもに迷惑になります。絶対に罹らせたくないような重症の感染症が流行した時には保育園を閉鎖する場合もあります。
感染症の中には伝染力や症状が重く、回復後の登園の目安が決められている疾患があります。麻疹、風疹、水痘、おたふくかぜ、プール熱、インフルエンザ、百日咳、腸管出血性大腸菌感染症、結核、髄膜炎菌性髄膜炎などで、これらは医師による診断の確定と、治療および治癒の証明が求められます。

登園の目安は麻疹では解熱後3日を経過してから、風疹は発疹が消えてから、水痘は水疱がすべて痂疲になってから、流行性耳下腺炎は発病から5日間を経過して全身状態が良くなるまで、インフルエンザでは発病後5日間で、かつ解熱後3日間を経過するまで。その他の疾患でも完全に治癒して感染力がなくなることが登園の基本です。

 登園基準で解熱後3日を経過してからと言うのは、解熱を確認したのが月曜日であれば火・水・木の3日間休む必要があると言うことです。特にインフルエンザでは検査試薬や治療薬の進歩に伴って発熱期間の短縮が見られ、解熱後ウィルスの排出がありながら登園する場合が見られ、新しい登園の目安が作られたのです。

上記以外の疾患でも大切な感染症の登園基準は小児科医の判断によることが大切です.