青空に向けて放たれた出初め式の祝賀放水=徳島市内

青空に向けて放たれた出初め式の祝賀放水=徳島市内

 9日から15日まで向こう1週間の徳島県内は、期間の前半は高気圧に覆われておおむね晴れるが、後半は気圧の谷や湿った空気の影響で雲が広がりやすく、雨の降る日もある。週末は季節外れの暖かさになるとみられ、予想最高気温、最低気温とも平年よりかなり高い日がある見込み。

 徳島地方気象台などによると、期間半ばまでは晴れ時々曇りなどの予報で降水確率は10~20%。13日は曇り、14、15日は曇り一時雨のマークに変わり、降水確率も40~60%と比較的高い。期間中の降水量は平年より多い予想。

 13日以降は暖かい空気が流れ込む影響で最高気温、最低気温とも平年値を大きく上回る。特に14、15日は最低気温が10度、14日の最高気温は19度と予想されている。

 ただ、16日以降は新たな寒気の流入で厳しい寒さが戻ってくる見込み。気温差が大きくなるため、体調を崩さないよう注意したい。