人と人が出会い、交流が広がると、新たなアイデアやビジネスが生まれる。大阪駅を臨む複合商業施設の一角で出会いの場を提供しているのが会員制ビジネスクラブ「ガーデンシティクラブ大阪」。その責任者になって6年がたつ。「私たちは縁をつなぐ『つなぎ屋』。人の輪で関西を元気にしていこうという気持ちです」

 企業や個人事業主など約550の法人、個人会員を抱えて、講演会やパーティー、座談会などを随時企画し運営する。意気投合した会員同士で趣味の同好会が生まれたり、大手とベンチャーが協力し新たなビジネスを計画したりとさまざまな成果が出ている。「訪れる人の人生が豊かになる瞬間に立ち会っていることを実感しています」

 短大を卒業し幼稚園教諭に就いた。夢に描いた職場だったものの手に職を付けたいと思い立ち転職。現在勤める会社で当初は経理担当として働いていたが、ビジネスクラブの運営に乗り出したのを機に営業職へ移った。「普通では会えない人と接することができて、前向きな姿勢に触れることができる。豊かな気持ちにもなれる。恵まれた職場だと思います」

 兵庫県西宮市生まれ。母は牟岐町出身で、定期的に親類を訪ねて徳島へ帰る。幼いころから母方の祖母とも同居していたため、「古里牟岐」への思い入れは強い。

 とりわけ味覚で強い影響を受けたという。「家には常に一升瓶のユズ酢やスダチがあってね。何にでもかけて食べた」「おばあちゃんの『ひりょう(がんもどき)』は絶品でした」「牟岐の『たらふく』ってお店知ってますか?お好み焼きが80円で食べられたんですよ」…と話は尽きない。「大好きな徳島。これからもずっと関わっていきたいですね」。

 たなか・のりこ 湊川女子短大卒。幼稚園教諭を経て2000年、近畿圏などでホテル業を営むホロニック(神戸市)に入社。06年、ガーデンシティクラブ大阪の担当となり、09年から総支配人。兵庫県西宮市在住、44歳。