徳島、小松島両市議選が19日告示され、統一地方選の後半戦が始まる。徳島市議選は定数30を7上回る37人、小松島市議選は定数17を3上回る20人がそれぞれ立候補する構え。両市の選挙管理委員会は同日午前8時半から午後5時まで立候補を受け付ける。投開票は26日。

 徳島市議選は定数が4減ってから初の選挙となる。立候補者は前回より1人少なく、現職27人、元職1人、新人9人となる見通し。うち女性は現職2人と新人2人。党派別では自民7人、民主1人、公明5人、共産5人、維新2人、諸派の幸福実現党1人で、他は無所属となっている。

 小松島市議選の立候補者数は前回の20人と同じになりそう。内訳は現職14人、元職3人、新人3人。党派別では公明1、共産2で他は無所属。女性は現職の1人。

 両市議選とも地方創生や防災対策などを中心に論戦が交わされるとみられるが、明確な争点は浮上していない。2日時点の有権者数は、徳島市が21万1209人(男9万8736人、女11万2473人)、小松島市が3万3471人(男1万6025人、女1万7446人)。

 両市議選と同じ26日投開票の石井、神山、那賀、牟岐各町長選と北島、松茂、牟岐、佐那河内各町村議選、神山町議補選は21日に告示される。