任期満了に伴う阿南市長選は15日、告示された。立候補したのは、新人で元市議の福島民雄氏(65)=同市羽ノ浦町中庄=と、現職の岩浅嘉仁氏(61)=同市日開野町西居内=の無所属2人。岩浅氏が在任期限を3期とした初当選時の公約に反して4選出馬することへの是非や、3期12年の岩浅市政の評価などを争点に、論戦が展開される。投開票は22日。

 選挙戦になるのは12年ぶりで、同市が旧羽ノ浦、那賀川両町と合併した2006年3月以降では初めて。

 福島陣営は午前8時45分から、羽ノ浦町中庄の健祥会アンダルシア駐車場で出陣式を開き、1200人(陣営発表)が集まった。

 福島氏は「岩浅氏が公約を破って出馬するのを、政治家として見過ごすことができなかった」と指摘。「ハコモノ行政に歯止めをかけ、市民生活重視の政策を実現したい」と強調し、子育てしやすい町づくりの推進などを訴えた。

 岩浅陣営は午前8時から、日開野町土倉のフジグラン阿南駐車場で、2500人(陣営発表)を集めて出陣式を行った。

 岩浅氏は冒頭、「3期12年という約束をたがえて4期目の出馬をすることになった。市民に心からおわびする」と陳謝。これまでの実績として子育て支援策や移住促進などに力を注いできたことをアピールし、支持を呼び掛けた。

 期日前投票は16~21日の午前8時半から午後8時まで、富岡町の阿南ひまわり会館で行われる。

 14日時点の有権者数は6万2060人(男2万9692人、女3万2368人)。