鳴門の逆転優勝への流れをつくった34区金森(左)から35区寺西へのたすきリレー=三好市井川町御領田

 6日に北方コース(三好市阿波池田駅前-徳島市新聞放送会館別館前、34~44区=11区間72・5キロ)で行われた第61回徳島駅伝(徳島陸協、徳島県、徳島新聞社主催)最終日は、鳴門の4年連続33度目の優勝で幕を閉じた。第2日まで徳島にリードを許した鳴門は、最終日に3区間を制するなど底力を発揮し、逆転を果たした。2位徳島は男子選手を中心に粘ったものの、鳴門に6分以上の差をつけられた。板野は安定したレース運びで最終日を2位にまとめ総合3位を維持。勝浦は最後まで踏ん張り、5年ぶりの最下位脱出にとどまらず12位に順位を上げた。女子総合と中学生総合は阿南が2年連続で2冠に輝いた。

 [評]鳴門は大学、高校勢が逆転Vの原動力となった。初日は不振だった金森がスタートの34区で2位発進すると、続く35区寺西の区間賞で徳島を捉え首位に浮上。続く山下もタイム差を広げ優位に運んだ。大会最長の39区ではエース西山が区間2位と安定した走りを見せ、女子も42区内田が2位と健闘。アンカー元木が区間賞でゴールし、35区の逆転後は一度もトップを譲らなかった。
 
 徳島は35区松本が踏ん張ったものの28秒差を逆転され、鳴門を追う展開となった。37区熊井康と38区武田が差を縮めたが、後半の女子、中学女子の3区間がいずれも区間2桁に沈み、追撃はならなかった。最終日は区間賞ゼロも響いた。
 
 板野は37区大殿の区間賞をはじめ、最終日全11区間を1桁にまとめて3位を死守した。東條、小林の上武大勢も期待通りの活躍を見せた。
 
 4位小松島は39区大西の活躍が光った。38区で5位に13秒差まで迫られたが、逆に5分3秒差に広げて後続の女子陣に余裕をもたらした。
 
 美馬市は宮本、藤原、新開ら中高生とベテランの奮起で小松島を猛追したが及ばなかった。6位阿南は生田、小林ら新人の頑張りなどで食い下がったが、前回から二つ順位を落とした。手が気を吐き、前回10位から1桁の9位に上げた。
 
 10位の吉野川は地元を走る40区で飯田が区間3位と好走。三好市は若手の健闘で前回から三つ上げて11位。最下位を脱出した12位の勝浦は小松島西高勢が期待に応えた。阿波は妹尾大と瀬尾の区間2位を生かせず13位。14位美馬郡は長距離区間で苦戦し、15位三好郡は高校、大学勢が力を出せなかった。