私立清風高の生徒手帳で定められている校則の髪形(画像の一部を加工しています)

 私立清風高の生徒手帳で定められている校則の髪形(画像の一部を加工しています)

 私立清風高と運営法人「清風学園」の頭髪刈り上げを強制するなどの校則に対し、指導をやめるよう勧告したと発表する生徒側の弁護士=23日午前、大阪市

 私立清風高と運営法人「清風学園」の頭髪刈り上げを強制するなどの校則に対し、指導をやめるよう勧告したと発表する生徒側の弁護士=23日午前、大阪市

 大阪弁護士会は23日、頭髪の刈り上げを生徒に強制したり、生徒の髪に直接触ったりする指導は人権侵害だとして、大阪市の私立清風高と運営法人「清風学園」に対し、こうした指導をやめるよう勧告したと発表した。20日付。弁護士会によると、私立学校の校則に対する勧告は異例。不合理な内容の「ブラック校則」の見直しに向けた機運が再び高まりそうだ。

 勧告書によると、清風高は校則で(1)髪形は必ず裾と耳元全体を刈り上げる(2)前髪は眉毛にかからない程度の長さにする―などと規定。教員が毎月1回程度、頭髪を検査し「不合格」とした生徒の髪を引っ張ったり、はさみで切ったりしたこともあったとしている。