男子プロゴルフ下部ツアー・チャレンジトーナメントの開幕戦「Novil(ノヴィル)カップ2015」は3日、阿波市土成町のJクラシックゴルフクラブ(7206ヤード、パー72)で開幕する。5日までの3日間、144人(アマチュア4人を含む)が真剣勝負を繰り広げる。
 
 優勝争いはツアー経験が豊富な横尾要、矢野東、鈴木亨が中心。前回王者の田島創志をはじめ昨季のチャレンジトーナメントで優勝した甲斐慎太郎、宮里聖志、津曲泰弦も力の差はない。クオリファイング・トーナメント(QT)7位の小林伸太郎や、2011年大会を制した額賀辰徳も上位に食い込みそうだ。
 
 徳島県勢は、プロとしてツアーデビューするQT22位の山岡成稔(香蘭高-日大出)に期待。高橋佳伸(生光学園中-香川西高出)、池田浩二(鳴門二中-香川西高-名古屋商大出)も存在感を示したい。
 
 3、4の両日、36ホールストロークプレーで予選ラウンドを行い、60位タイまでが5日の決勝ラウンドに進む。予選、決勝ともに午前7時半スタート。優勝者には東建ホームメイトカップ(16~19日・東建多度CC名古屋)の出場権が与えられる。