4回、徳島2死二塁、トモが先制の右前打を放つ=高松市のレクザムスタジアム

 徳島インディゴソックスは11日、高松市のレクザムスタジアムで香川と対戦し、2-0で完封勝ちした。通算成績は2勝1敗1分け。もう1試合はホームの高知が2-1で愛媛を下した。
 
 徳島は四回、2死二塁からトモの右前適時打で先制。九回は増田の中前打を足場に無死一、三塁とし、トモの内野ゴロ併殺の間に1点を加えた。先発福永は8安打を許しながらも9回を投げ切り、2試合連続無失点で今季初勝利を挙げた。