トランプ前米大統領(ゲッティ=共同)

 トランプ前米大統領(ゲッティ=共同)

 【ニューヨーク共同】トランプ前米大統領が不倫相手に口止め料を支払ってもみ消しを図ったとされる疑惑で、複数の米メディアは29日、トランプ氏を起訴するかどうかの判断が4月下旬以降に持ち越される見通しだと報じた。東部ニューヨーク州の大陪審が4月下旬まで審理しない可能性が高いとしている。

 トランプ氏は疑惑を否定し「偽りの訴追による死や破壊の可能性がある」とけん制。今月18日に自身が「21日に逮捕される」と訴え、起訴を巡る判断が迫っているとの観測が出ていた。

 大陪審の手続きや審理は非公開。米メディアによると、以前から4月の一部に休止期間を設けることが決まっており、間もなくその期間に入る。