[磯]<恵比須浦>13日、水温25・6度。波が高く低いハエには上がれなかった。大辰巳周辺のハエで底物を狙った人が57センチのイシダイと37センチのイシガキダイを各1匹。

 [船釣り]<伊島沖>13日、乗合船で出掛けた人らがジギングや釣った魚を餌にサオを出し95センチのブリと42センチのマダイを各1匹、30~46センチのアジ、サバを各自5~10匹。別の船も65センチのマダイと55センチのハマチを各1匹、ツバス、レンコダイ、カイワリ、アジ、サバを数匹。別の船も80センチまでのサワラ2匹とハマチ、メジロを各1匹、サバを各自5~25匹、ホウボウ、ガガネ、アジ数匹。

 [イカダ]<ウチノ海>13日、ヤカタで沖アミを餌に2人が41~52センチのマダイ3匹。サビキ仕掛けで3人家族が10センチ前後のマメアジ300匹。カカリ釣りで38センチのチヌ1匹。別の人も25~30センチを4匹と30センチのマダイ1匹。

 <高知・甲浦>13日、波が高かったが湾内のイカダ周辺は穏やか。水温28~29度。1号で30センチ前後のアイゴ5匹。

 <高知・吉良川沖>13日、1号で28~40センチのシマアジ4匹と30センチのマルソウダ3匹、同型のムロアジとメンドリを各1匹。3号で底物を狙った人が60センチのイシダイと35センチのイシガキダイを各1匹。

 [潮入り川]<岡川河口>13日、辰巳工業団地近くの岸壁で5時から3時間ほど沖アミ、市販の加工沖アミ、コーンを使い分けフカセ釣りをした小松島市の人が35~40センチのチヌ3匹。釣り始めはマメアジ、マキ餌が効きだすと小サバが回遊してきてサシ餌を取られ釣りづらかった。12日も早朝の4時間ほどで25センチを1匹と45~50センチのチヌ6匹。夕方の3時間ほどでも25~30センチを3匹。

 <日和佐川河口>12日、潮の流れと風の向きが異なり上潮が滑る2枚潮。濁りはなく木の葉や小枝などが流れてきてよく道糸に絡んだ。右岸で5時から7時間ほど沖アミ、市販の加工沖アミ、コーン、ネリ餌、サナギを使い分けハリス1~1・2号、チヌバリ2~3号でフカセ釣りをした阿南市の人が28、52センチのチヌ2匹。同行の人もハリス0・8~1号、チヌバリ2号のフカセ釣りで40センチを1匹。20センチ前後の小チヌは多数釣れたが再放流。餌取りには小型のアイゴ、コッパグレ、フグ、マメアジなどが多く釣りづらかった。

 [友釣り]<勝浦川>13日、中石周辺で13時から5時間ほどサオを出した藍住町の人が18センチ前後のアユ6匹。別の人も14~23センチを23匹。

 <海部川>13日、渇水気味。樫ノ瀬周辺で7時半から6時間ほどサオを出した人が13~20センチのアユ53匹。大井周辺でも同型を30匹。別の人も27匹。周辺でもよくサオが曲がっていたようだ。 (県釣連盟報道部)