5回裏、徳島2死満塁、トモが走者一掃の中越え二塁打を放ち4-0とする=JAバンク徳島スタジアム

 徳島インディゴソックスは2日、JAバンク徳島スタジアムで高知と対戦し、14-1で大勝した。通算成績は5勝9敗5分けで高知と同率3位。香川は愛媛を6-2で下し首位に浮上した。

 [評]徳島の打線が爆発し、大差で5勝目を挙げた。1点リードで迎えた五回、2死満塁からトモが走者一掃の中越え二塁打を放ち、主導権を握った。八回には小林が右越え2点本塁打を放つなど、打者13人の猛攻で10点を奪った。先発のブランセマは、スライダーと速球を武器に8回を無失点に抑え、今季3勝目をマークした。