磐田戦で8試合ぶりの白星を目指す徳島の選手たち=徳島スポーツビレッジ

 J2徳島ヴォルティスは31日午後2時から鳴門ポカリスエットスタジアムで3位の磐田と対戦する。前節のホーム戦で黒星を喫し、7試合連続の負けなしが止まった徳島。Jリーグでは初対戦となるJ1常連チームから8試合ぶりの勝ち点3を奪って下位から巻き返しを図る足掛かりにしたい。

 1-2で敗れた札幌戦から気持ちを立て直し、3勝目に向けて闘志をみなぎらせているチームは29日、徳島スポーツビレッジで紅白戦を実施。木村らが判断よくボールを回し、サイドを駆け上がる佐々木陽や中央の佐藤らにつないで攻めの連係を確認した。

 昨季4位ながらプレーオフで敗れ、J1復帰を果たせなかった磐田。シーズン途中に就任した名波監督が引き続いて指揮を執り、豊富な運動量を生かした正確なパス回しから速攻を仕掛ける。現在は9勝2分け4敗(勝ち点29)。4-2-3-1システムのワントップに入る元イングランド代表のジェイと、サイドMFアダイウトンはそろってリーグ4位の7得点と決定力が高い。MF太田は突破力があり、DF駒野は正確なクロスを上げる。

 徳島としては、ハイプレスでボールを奪った後は切り替えを速くし、高い位置を取る相手の裏を狙いたい。攻撃の起点となるトップ下の小林を自由にさせないこともポイントとなりそうだ。

 紅白戦で積極的に指示を出していたDF石井は「ビルドアップしてくる相手へのプレスを徹底し、中央に位置取る大きい選手へクロスを上げさせないよう注意したい」と気合十分。前節に今季初得点し手応えをつかんだFW佐藤は「相手が強いチームだからこそ燃える。連続得点を狙い、しっかりFWの仕事をする」と自信たっぷりに話した。