第55回徳島県高校総合体育大会(県教委、県高体連主催、徳島新聞社など後援)第3日の7日は各地で27競技が行われ、12競技で優勝校が決まった。ソフトボール男子は徳島科技が3年ぶり4度目、女子は辻が5年連続33度目の王座に就いた。空手道は城南がアベック優勝を果たした。男子が3年連続、女子が7年ぶりで、いずれも3度目のV。相撲は板野が2年連続28度目の優勝を飾った。新体操の女子は富岡西が5年ぶり14度目の頂点に立った。ボクシングは吉野川が2連覇した。フェンシング男女、ホッケー、新体操男子、ラグビー女子、なぎなたは出場が1校だけだった。競泳の男子50、100メートル自由形の2種目で安藝文哉(徳島市立)が3連覇を成し遂げた。大会は一部競技を除いて8日までで、最終日は15競技が行われる。