スタンドから声援を送るサポーターたち。ホーム100勝の歓喜を迎えたい=5月、鳴門ポカリスエットスタジアム

 徳島ヴォルティスは18日の山形戦でホーム戦通算100勝の大台を目指す。2005年のJリーグ参入から足かけ14シーズン。勝敗に一喜一憂する日々を積み重ね、新たな金字塔を打ち立てる。

 16日現在のJ2でのホーム戦勝敗数は99勝73分け101敗、アウェーも含めた通算勝敗数は177勝139分け228敗となっている。J1を戦った14年はホーム未勝利に終わった。

 J2デビューした05年は、ホームで初白星を挙げるのに時間がかかった。待望の白星はホーム8戦目となる6月3日の横浜FC戦。立ち上がりに大場、後半にも冨士が得点し、2-0で勝利した。

 中間点のホーム50勝目はJ1昇格争いの真っただ中にあった11年9月28日の熊本戦。この試合を1|0でものにした徳島は14勝7分け6敗の勝ち点49で3位に再浮上した。だが、その後は一進一退が続き、夢は果たせなかった。

 大台まで残り9勝で迎えた今季のホーム初勝利は3月18日の千葉戦。攻撃陣が躍動して4得点の猛攻で、昨季の昇格プレーオフ争いで競り負けた相手に雪辱した。今季ここまで11勝のうち、アウェー3勝に対しホームは8勝と分が良い。特に6月の大分戦以降、ホームではチーム初の5連勝と波に乗っている。

 クラブは100勝を記念する関連イベントを企画している。達成する試合とスコア、得点者を予想する「Vortoto(ヴォルトト)」は全3項目的中者から抽選で1人に選手サイン入りの公式球をプレゼントする。予想は公式ホームページで18日午後5時まで受け付けている。