後半戦初戦の京都戦に向けて調整する徳島の選手=徳島スポーツビレッジ

 群馬戦から中3日で京都戦に臨む徳島ヴォルティスはオフ明けの6日、徳島スポーツビレッジで練習を再開し、ゲーム形式や体幹トレーニングなどに汗を流した。
 
 京都は現在、6勝4分け11敗(勝ち点22)。守りが安定せず、21試合で33失点はリーグ21位、11敗は同20位と苦しんでいる。得点ランキングでリーグ2位(10点)の元日本代表・大黒ら個の力が高い選手はそろうが攻撃時の連係は課題も多い。
 
 徳島としては完封勝利した4月の対戦と同じく早めのプレスを徹底し、大黒への縦パスやサイドからのドリブル突破を封じたい。前節、10試合ぶりに得点した木村は「2点目、3点目を狙う意識を持たないと勝ち切れない。攻撃の連係はよくなっているのでチーム一丸となって勝ちにいく」と後半戦の白星発進を誓った。