金沢戦で3連勝に挑む徳島の選手たち=徳島スポーツビレッジ

 J2徳島ヴォルティスは26日午後7時から石川県西部緑地公園陸上競技場で4位の金沢と対戦する。前節、2試合連続の完封で今季初の2連勝を果たした徳島。その勢いをぶつけて堅守の金沢を打ち破り、連勝街道を突き進んでいきたい。

 前節は左サイドを崩して5試合負けなしだった大分に土をつけ、自信を深めた。通算成績を6勝10分け9敗(勝ち点28)とし、16位に浮上したチームは、中3日で臨む3連戦最後も白星で締めくくろうと意気込んでいる。24日に徳島スポーツビレッジで行われたゲーム形式の練習では、木村が広い視野でボールをつなぎ、佐藤や津田が果敢にゴールを狙っていた。

 金沢は現在、10勝11分け4敗(勝ち点41)。20失点はリーグで2番目に少なく、最近の5試合は黒星がない。MF清原は25試合でリーグ2位の10得点と決定力があり、セットプレーや空中戦でも強さを発揮している。

 徳島としては、素早く帰陣して守備ブロックをつくる相手に対し、ボールを回しながら球際に引き付け、逆サイドに空いたスペースを効果的に使いたい。

 ここ2試合はボランチで攻守に貢献するエステバンは「相手はカウンターを仕掛けてくる。まずはしっかり守ってボールを奪い、チャンスがあれば得点も狙う」と今季3ゴール目への意欲をにじませた。