2回、徳島2死満塁、増田が左前へ2点適時打を放ち先制する=海陽町蛇王球場

 徳島インディゴソックスは2日、海陽町の蛇王スタジアムで愛媛と対戦し、3-1で勝った。通算成績は2勝。もう1試合は高知が4-3で香川を下した。

 徳島の2連勝の立役者は、先発の左腕山藤だった。六回までを無四球無安打で抑える好投を見せた。「ほぼ完璧な内容。直球と変化球をうまく織り交ぜることができた」と、納得の投球に笑顔だった。
 
 ブレーキの効いたカーブとチェンジアップが低めに決まり、凡打の山を築いた。中盤以降、ボール球が先行したが「開き直って真ん中を狙い、打たせて取ることを心掛けた」。七回と八回にそれぞれ2安打を許したものの、集中を切らさず1失点にまとめた。
 
 中島監督は「制球が良くなり、一回り成長した」と目を細める。自信を深めた左腕は「次は無失点でチームに貢献する」とさらなる活躍を誓っていた。