原勇輝選手

 近畿2府4県で開かれている全国高校総体(インターハイ)第8日の4日、兵庫県明石市の明石中央体育会館で行われた重量挙げ77キロ級で、徳島科技高3年の原勇輝選手(18)がトータル281キロを挙げて2連覇した。県勢の重量挙げでの2連覇は全階級を通じて初めて。

 原選手はスナッチで大会記録を1キロ上回る131キロをマークしてトップに立ち、ジャークでは150キロに1回目で成功した。続く161キロを挙げることができず、トータルでの日本高校新記録は樹立できなかったが、2位に35キロの大差をつけて栄冠を獲得した。トータルのほか、スナッチ、ジャークもそれぞれ制した。
 
 近畿インターハイで県勢の優勝は計4人となった。