[波止]<今切川>18日、8時から6時間沖アミを餌に3人が合わせて30~52センチのチヌ15匹。少し離れた場所で2人が6時から4時間で35、43センチを2匹。

 <小松島港沖ノ一文字>18日、アジ狙いはサビキ仕掛けで13センチ前後を500匹。また、小神子の磯は、松で35~40センチのチヌ7匹と35センチのキビレ1匹、25センチのマダイ2匹。

 [磯]<宍喰>18日、水温24・5度。午後から波が出たが穏やか。クラセでウニを餌に30~35センチのイシガキダイを6匹と42センチを1匹。松の下で沖アミを餌に35センチのイサギ1匹と25センチまでのグレを30匹以上。

 [イカダ]<ウチノ海>18日、アジ狙いは、10センチ前後を親子3人が300匹。別の2人は同型を500匹。カカリ釣りは、20~27センチのチヌ7匹と25センチのマダイ4匹。

 [友釣り]<勝浦川>18日、平水より20センチ高。少し濁りがあった。長柱で8時から8時間、16~21センチのアユ25匹。横瀬は、終日サオを出し、16~23センチを27匹。別の人が同所で15時までに、同型を30匹。沼江は8時から9時間、17~21センチを40匹。

 <海部川>18日、平水より30センチ高。通称チップ工場で16時まで、20センチ前後を30匹。比較的良型が多かった。 (釣連盟報道部)