2回、追加点を許した先発吉田(中央)の元に集まる徳島の選手たち=JAバンク徳島スタジアム

 徳島インディゴソックスは27日、JAバンク徳島スタジアムで香川と対戦し、0-7で完敗した。通算成績は10勝7敗2分けとなり、試合のなかった首位愛媛とのゲーム差は1に広がった。高知はソフトバンク3軍と交流戦を行い2-5で敗れた。

 [評]徳島は投手陣が踏ん張れず、失点を重ねた。先発吉田は一回、1死三塁から適時打を浴び先制を許すと、なお2死二塁から右越え本塁打で2点を追加された。2番手宍戸は七回に2点、3番手宇田も九回に1点を失った。打線は二回に2死一、三塁、七回には3四死球で2死満塁の好機をつくったが、いずれも後続が倒れた。