徳島対ソフトバンク3軍 徳島3回2死二塁、橋本球が中前打を放ち一時4-3と勝ち越す=アグリあなんスタジアム

 徳島インディゴソックスは5日、アグリあなんスタジアムでソフトバンク3軍と交流戦を行い、5-7で敗れた。通算成績は12勝11敗3分け。試合がなかった首位愛媛とのゲーム差は4に開き、愛媛に後期優勝マジックナンバー6が点灯した。高知は9-4で香川に勝った。

 [評]徳島は終盤に勝ち越しを許した。4-4の七回、先発福永が3連打を浴びた後、内野ゴロの間に1点を失うと、九回には2番手木下が2死二、三塁から2点適時打を打たれ、突き放された。打線は九回、松嶋とトモの連打などで1点を返し、なお2死三塁としたが、後続が倒れた。