徳島対愛媛 1回表、2死から3点を失った先発山藤(右)の元に集まる徳島の選手=JAバンク徳島スタジアム

 徳島インディゴソックスは7日、JAバンク徳島スタジアムで首位の愛媛と対戦し、2-9で大敗した。通算成績は13勝12敗3分け。愛媛とのゲーム差は4・5に広がった。愛媛の後期優勝マジックは6から4に減った。徳島は直接対決で敗れたことで、逆転優勝はかなり厳しくなった。残りは徳島が6試合、愛媛が9試合で、このうち直接対決は2試合。高知対香川は高知が2-0で勝った。
 
 [評]徳島は先発の山藤の乱調が誤算だった。一回、2死一塁から3連続四球を与えた後、中前に2点適時打を打たれ、3点を先制された。四回には2点本塁打を含む4安打を浴び、4点を失った。打線は一回、2死二塁から松嶋が左前打を放ち、1点を返した。しかし、二回以降は愛媛のエースを打ちあぐね、追加点は橋本球の右前適時打による八回の1点だけだった。