成年62キロ級スナッチで112キロを挙げて4位に入った高橋=和歌山市の片男波公園健康館

 国民体育大会「紀の国わかやま国体」第2日は27日、和歌山県内で行われた。徳島県勢は13競技に出場し、重量挙げ成年62キロ級の高橋利肇(常永マリン)がスナッチで112キロをマークし4位入賞した。弓道遠的で成年女子が8チームによる決勝トーナメントへ。ボウリング少年男子の鎌田隆一(香蘭高)は個人で予選を突破して入賞を確定し、レスリング成年フリー86キロ級の藤山徳馬(明大)も準々決勝に進んだ。テニスの少年男子は1、2回戦で勝って16強入りを決め、少年女子も2回戦に進出した。卓球の成年女子は1回戦を制した。ソフトテニスの成年男女はいずれも2回戦で姿を消した。