28日に告示される神山町議会(定数10)の補欠選挙(欠員5)の立候補届け出書類の事前審査が21日、町役場であり、新人6陣営が審査を受けた。いずれも出馬する意向を示しており、選挙戦となる公算が大きい。

 審査を受けたのは、9日の立候補予定者説明会に出席した7陣営のうち6陣営。本人らが書類を持ち込み、町選挙管理委員会の担当者が誤字や記入漏れなどの不備がないか確認した。

 21日に事前審査を受けなかった陣営の男性は、徳島新聞の取材に「候補者の擁立を模索中」などと答えた。

 立候補の届け出は、28日午前8時半~午後5時に町役場で受け付ける。投開票は9月2日。6月1日時点の有権者数は5005人(男2336人、女2669人)。

 補選は、無投票となった2015年12月の町議選を巡る公選法違反事件で町議5人(同法違反罪で公判中)が議員辞職したことに伴い、実施される。