四国アイランドリーグplusの2015年度アワードが29日、徳島市のホテルクレメント徳島であり、年間最優秀選手(MVP)には防御率0・74をマークし愛媛を初の総合優勝に導いた正田樹投手(33)が選ばれた。ベストナインも発表され、徳島からは松嶋亮太遊撃手(27)、鷲谷綾平外野手(25)、指名打者の小林義弘(21)の3人が入った。

 後期MVPは14試合に登板し負けなしの4勝を挙げた愛媛の東風平光一投手(24)が受賞。年間グラゼニ賞には西武から10位指名を受けた香川の松本直晃投手(25)が選ばれた。