徳島VJY対藍住中 前半18分、徳島VJYの福田(左端)が右足でゴールを決め3-0とする=鳴門球技場

 サッカーの第19回川端杯チャンピオンシップU-14大会が23日、鳴門球技場で行われ、県クラブユース新人大会覇者の徳島ヴォルティスジュニアユース(VJY)が9-0で県中学校新人大会優勝の藍住中を下し、2連覇した。

 徳島VJY9-0藍住中

 [評]球際の強さで勝った徳島VJYが圧勝した。前半9分、本田のパスを津川が右足で突き刺して先制。その後は森田、福田、吉本、後半は加賀見、市川が次々にネットを揺らした。藍住中は前線の岩本につないでカウンターを狙ったが、シュートは1本にとどまった。